経済的全損について

17年12月29日 | | 経済的全損について はコメントを受け付けていません。

物損損害に関して、経済的全損という項目があります。これは修理をするにしても事故当時の車の時価と買い替えをするより、修理費の方が高くつく場合です

交通事故普通の車では滅多にないことですが、高級外車の場合は修理費の方が高くつくことがあります。高級外車の限定車の場合は、生産台数が限られていて、買い換えたくても買い替えできないということもります。買い換えられない以上、修理をするしかありませんが、修理にかかる費用が莫大になってしまいます。この場合は事故当時の車の時価を割り出し、その分を請求することで対処します。これを経済的全損といいます。

これも車種により事情が変わってくるので、被害者にとって最善とは言えない部分もあります。買い換えたくても車がない場合は、修理するしかありませんが、その費用が莫大になるとしたら、事故当時の時価分を請求しても足りないので、損をしてしまうことになるからです。しかし壊れたままにはしておけませんので、とりあえず修理に出すため、損害賠償との割合が合わないと結局損をしてしまいます。こういうケースは稀ですが、こうなる可能性もあるということを覚えておきましょう。やむなく他の車に買い換えるという選択肢もあります。




Comments are closed