物損損害請求で請求できるもの

17年12月28日 | | 物損損害請求で請求できるもの はコメントを受け付けていません。

物損損害では請求できる項目がいくつかあります。車の修理費はもちろん、廃車となり買い替えが必要な時の買い替え費用、車を買い換える時に必要な手続きにかかる費用、買い換えた車が届くまでに代車が必要な場合は代車費用、車に積んでいた荷物や高級品が壊れた場合の積荷損害なども可能です。ただし積荷損害については、積荷の種類により金額を決めるのが難しい場合もあるので、弁護士と相談しながら決めていきます。

電車代車を必要としないが、外出する時に車がないためにタクシーや電車、バスなど普段利用しない交通機関を利用した場合は、休車損害としてかかった交通費の請求も可能です。ただしこれらも全て領収書が必要となりますので、いつどこでどんな交通機関を利用し、いくら支払ったかなども記録に残しておきましょう。

電車の場合は切符を取っておけばいいですし、ICカードなら記録が残るのでそれを利用できます。現金で支払う路線バスの場合は、領収書が欲しいといえば発行してもらえますので、面倒でも領収書を発行してもらいましょう。ただし混雑している場合は発行してもらえないこともあるので、終点や始発前にお願いしておくといいかもしれません。ただしバス会社により対応は異なります。




Comments are closed