交通事故の物損損害賠償

2019-02-09
交通事故1

交通事故の被害者となった場合、加害者に損害賠償を請求できます。この場合損害というと、慰謝料をイメージしますが、実は他にもいくつか請求できる項目があります。物損損害もその一つです。物損損害とはどういうものかを解説します。

交通事故は車同士、車とバイク、車と歩行者などケースによる違いはありますが、車やバイクに乗っていた時に交通事故の被害に遭った場合、怪我以外にも車やバイクが破損する事があります。凹みや傷程度で済んだとしても、修理費がかかります。

大きな事故で廃車となってしまった場合は、車の買い替えも必要です。交通事故が原因で修理や買い替えが必要になった時その費用を、物損損害として請求できるのです。参照-交通事故:弁護士法人アディーレ法律事務所

物損損害で請求できるのは、車の修理費、買い替え費用などです。もちろん事故の内容や車の種類によって請求できる額は変わってきますが、買い替えを余儀なくされた場合は、買い替えの際にかかる登録手続き費用も請求できます。

車を買い換えるにしても、生活に車が必須の地域では車なしでは困ってしまいますので、代車を用意しなければいけません。交通事故が原因の場合は、代車の費用も請求できますし、車がないので交通機関を利用した場合は、交通費も請求できます。

ケースバイケースではありますが、事故当時車に積んでいた荷物が被害に遭い、価値がなくなってしまったり使い物にならなくなってしまったりした場合も、その分を請求できる事があります。

「経済的全損について」